ウィリアムのお兄さんが別な街から帰ってきたので、3人で出掛ける。近くの運河にある、巨大な、船用のエレベーターを見学に行く。見応えある。70年代にできたとのこと。その後、リューネブルクの街で古い給水塔に登って街を眺めたり。風が強い。リューネブルクは日本の鳴門市と姉妹都市とのことで、阿波おどりの写真などが展示されていた。帰って、お昼にラム肉などをいただく。今日覚えたこと:ジャガイモはナイフで切ってはいけない。

午後、ウィリアムに送ってもらって、リューネブルク駅へ。さよならリューネブルク。40分程でハンブルク中央駅着。

行ってよかったなあ。ウィリアムのお父さんにいただいた、お古のマフラーがこの旅の思い出。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly