搬入。10時にギャラリーhinterconti(ヒンターコンティ)へ。3人で、バスで出掛ける。他の人の作品もあり、荷物多し。ぼくらが展示するギャラリーは、コマーシャルギャラリーではなく、スタッフが常駐しないアーティスト・ランのスペース。今回はぼくが鍵を預かり、勝手に出勤して在廊して売上計算して閉めて帰るスタイル。こういうの、ハンブルクでも京都でも変わらんなあ。後にタダユキヒロくんも合流、さらにイタリア人アーティストのロザリオも手伝ってくれて5人で搬入。順調。とにかく、向かいにあるドラックディーラーのロルフとニールがあらゆるリクエストを解決してくれるので大助かり。wifiを借り、釘抜きを借り、ハンガーを借り、プリントアウトを頼み、アイスを奢ってもらい、笑かしてもらい、もう、借りっぱなしだ。どうしたらこんなに返せるだろう。

展示は、浅野千里、ookamigocco、タダユキヒロ、伊達努、西武アキラ、tomokochin-pro、横山雄、mississippiの8人。ギャラリーは3つの空間が廊下でつながる作りなので、1の部屋に浅野、gocco、物販コーナー、2の部屋に横山、tomokochin、ぼく、3の部屋にタダ、西武、伊達を割り振る。

夜8時から、歓迎会のような、大所帯の食事会をトルコ料理屋で。日本人、ドイツ人、イタリア人合わせて20人くらいかな?そのあと一部、クラブに流れ(ぼく流れました)、深夜に帰宅。おつかれさま。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly